突然の腰痛!ぎっくり腰は早めのマッサージで対処を

15600073
私はデスクワークが中心なので、毎日パソコンの前に座っての作業が多いです。

一見するとデスクワークって労働ではないので楽だと思われますが、8時間以上同じ体勢が続くため、肩コリや眼疲労が治りません。

特に残業の翌日は、寝ても疲れが取れていない状態で仕事をするので、悪循環の日々…。

そんなある日、朝起きると腰に激痛が走りました。

あまりの痛さに何も考えられなかったのですが、どうやらぎっくり腰のようです。

なかなか治らず、その日の朝に上司へ連絡し、安静にして痛みが落ち着いてから仕事へ向かいました。

取り返しのつかない事態になるところに…

その日はまた「ぎっくり腰になると悪い」と言われ、上司にはからいで定時に帰ることができたことは、ちょっとラッキー。(笑)
翌日の朝は何事もなく普通に仕事へ行くことができ、最初は病院か整体に行こうか悩んだんですが、何事もなさそうなのでその時は特に気にとめませんでした。

ところが、その考えは甘かったと1週間後に思う出来事が発生…。

それは、残業を終わらせて家に帰ってきたあとの出来事です。
シャワーを済ませて少しビールを飲みながらテレビをテレビを見ていたのですが、冷蔵庫からおつまみを出そうと立ちあがった瞬間、再び腰痛が発生。

立った状態からどうすることもできず、とりあえずベッドにゆっくり移動し、安静にするためその日は就寝しました。

起きた頃には痛みがなく安心して立ちあがったのですが、またしても痛みを感じて安静状態。

なんとか遅刻することなくその日は仕事に行けましたが、あれ以来、家と職場に関わらずちょっとした大きな動きでぎっくり腰を起こすようになりました。
見かねた同僚が早く整体などに行った方が良いと言ってきたので、私も諦めて整骨院へ行くことに。

我慢せずすぐに施術を受けることが吉

整骨院で調べてもらうと、まだぎっくり腰が続いていて、このまま悪化すればヘルニアの可能性もあると診断を受けました。

デスクワークでの体の歪み、筋肉の緊張や疲労も見られるため、ゆっくり時間をかけてマッサージをしてもらうことになったのです。

マッサージでは痛みの強い部分を念入りに行ってもらい、さらに全体のバランスを考えたマッサージで、施術後は全身がすっきりと軽く感じました。

整骨院は保険適用でさらに、低価格でマッサージが受けられるので安心です(笑)

ぎっくり腰は完全に治らず、悪化を防ぐには定期的な体のメンテナンスや必要!
腰痛を感じた時は放置せず、すぐに対処することが一番大事だと今は思っています。

これからもマッサージでしっかりケアしていく予定です。

<おすすめマッサージ紹介>
マッサージの予約サイト